きなこのブランマンジェ

健康にいいと言われるきな粉。

好きな女性も多いですが、おやつとなると和菓子か、クッキーか、、、

毎朝牛乳や豆乳に混ぜて飲むぞ!と意気込んだものの、

しばらく経って、あれ?結局残りを使わずに残っちゃったー、

なんていう運命をたどるきな粉も多いような。。。

少なく見えるあの袋、使ってみるとなかなか減らないんですよね。

なんでしょうね、きな粉七不思議の一つでしょうか。。。

そんなわけで、今回はきな粉と豆乳を使用した優しい味わいのおやつです。

小さなお子さんのおやつにも最適ですよ。

年配の方にも喜ばれるので、お遣い物としてもおすすめです。

お正月に余りがちなきなこを使って、簡単スイーツにチャレンジ!

豆乳きな粉のブランマンジェ

【材料】

豆乳(成分無調整)  100g

砂糖          15g

きなこ         5g

ゼラチン        2g

生クリーム       70g

あんこ又は小豆煮   適量

【作り方】

① ゼラチンをふやかす
最初に氷水を作り、その中に板ゼラチンを入れてふやかします。
粉ゼラチンの場合は氷水を作って10gの冷たい水を小さな器に計って、
その中に粉ゼラチンを振りいれてふやかしておきます。
粉ゼラチンは5倍の水でふやかします。

② 豆乳を火にかけて沸騰直前まで温める。ゼラチンを入れて溶かす。
豆乳は沸騰させるとタンパク質が凝固してボソボソになります。
沸騰させずにゼラチンがしっかり溶ける温度(50度以上)まで温めましょう。
ゼラチンは火を止めてから入れてください。

③ ボールに砂糖ときなこを入れてよく混ぜ、そこに豆乳を少しづつ入れながら溶かす。
きなこはだまになりやすいのでお砂糖と混ぜておきます。
溶けやすいお砂糖と手をつないで助けてもらう作戦です。
その時豆乳は少しづつ、少しづつ入れましょう。
最初のペースト状の時点で滑らかに混ざればダマになることはありません。

④ 全て混ざったら裏漉しして氷水に当てて冷やす。冷たくなったら生クリームを入れる。
氷水に当てて温度を下げていきます。
その時にボールに当たる部分が一番冷えていますので、
ゴムベラでボールをこそげるようにしながらまんべんなく混ぜていきます。
間違っても氷水の上に乗せたまま放置しないように!
豆乳を指で触って冷たいな!と思うくらいになったら、
冷蔵庫で冷やしておいた生クリームを加えてしっかり混ぜます。

⑤ とろみがついたら器に流して冷蔵庫で固める。
そのまま氷水に当てながら混ぜていくと、プルンととろみがついてきます。
一瞬表面がピカッと艶が出て光るので、そうなったら氷水から外します。
外してすぐはボールがまだ冷たいので固まっていきますから、
しばらくは手を止めずに混ぜ続けてください。
器に流し冷蔵庫で固めます。

⑥ お好みで甘く炊いた小豆やあんこ、メープルシロップを掛けて召し上がれ。
甘さを抑えていますので、甘みが足りない方はメープルシロップや黒蜜をかけてくださいね。
小豆やあんことの相性もバッチリです!
器にあんこを忍ばせて、その上からブランマンジェを流して固めても。

***

ゼリーやブランマンジェを口どけよく仕上げるために大事になるのが、

しっかり冷やして固まる直前に器に流す!ということです。

「どうせ冷蔵庫で固まるんだから熱いままで流しても同じじゃない?」

という声も聞きますし、実際そんなレシピもいっぱい存在します!

ですが器に流し固まるまでの時間に、混ざり合った材料が少しづつ分離するのです。

これは比重が異なるから起きること。

全ての材料を均一な状態にして固めることが、

滑らかで口どけの良い冷たいデザートを作る大きな鍵ですよ。

これは常温に出した時に溶けやすいかどうかにも影響してきます。

ホッとする美味しさのきな粉のブランマンジェ。

家族みーんなでほっこり優しいおやつタイムをどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク