米粉でしっとりプレーンシフォン

しっとりふわふわのシフォンケーキ。

お家にいつもある材料で気軽に作れるおやつの代名詞です。

でも、膨らみが足りなかったり、

しぼんでしまったり、

型から上手に出せなかったり、

焼きあがってからガッカリすることも多いですね。

今回は米粉を使って、

口どけの良いふわふわシフォンケーキを作りましょう。

cimg3211

【米粉のシフォンケーキ】

*材料* (15cmシフォン型1台分)

卵黄       35g(約M玉2個分)
砂糖       10g
油        20g(香りの無いなたね油や太白ごま油がおすすめ)
水        15g
米粉       35g

卵白       80g(約M玉2個分)
砂糖       25g
レモン汁     少々

*作り方*

1 ボールに卵黄と砂糖を入れ、白っぽくなるまですり混ぜます。
2 油を3回に分けて加え、その都度よく混ぜて乳化させます。
(ドレッシングやマヨネーズを作る要領で、少しづつ油を入れながらしっかりと卵黄と乳化させます。)
3 水を入れて混ぜます。
(お水はできればぬるま湯がベスト)

4 粉をふるいボールに入れて混ぜる。
(米粉はグルテンができないので、難しいことを考えずにホイッパーでぐるぐるとしっかりと混ぜてOKです)

5 綺麗なボールに、卵白と砂糖の半分を入れ、ハンドミキサーの低速で20秒程、卵白がほぐれるまで混ぜる。
(卵白のドロンとしたところをほぐしていきます。この一手間がきめの細かいメレンゲを作るのに大事です!)

6 卵白がサラサラになったらハンドミキサーを高速にする。卵白のトロンとした水分がなくなり、ふわふわの泡になったら残りの砂糖を入れる。

7 かさが増えホイッパーの跡が出るようになったらレモン汁を加え、さらに泡立てる。

8 ツヤが出て流動性がありしっかりとしたメレンゲが出来たら、4にひとすくい入れてホイッパーでしっかり混ぜる。
(このメレンゲは気泡が潰れても大丈夫です。気にせずにぐるぐるしっかりと混ぜてください)

9 残りのメレンゲのボールに8を入れ、ホイッパーで下からすくう様に混ぜる。途中ゴムベラに持ち変え、泡をつぶさないように混ぜ、型に流す。
(ふわふわもこもこの生地が、傾けるとゆっくり流れるか流れないかくらいまで混ぜます。)

10 160~170℃に予熱したオーブンで25~35分焼く。生地を指で押しても縮まないければ焼き上がり。オーブンから出して逆さにして冷ます。

*****

米粉はグルテンが出来ないので、メレンゲの状態が焼きあがりに左右します。
2回目の砂糖を入れるタイミングは「ぽわっぽわ」になる前に、
そしてレモン汁も「ぽわっぽわ」になる前に入れましょう。

タイミングが遅くなると、
気泡が大きく弱いメレンゲになり焼きあがった後に縮んでしまいます。
気泡の粒を細かくしてコシのあるメレンゲを立てるのが成功の秘訣です。

そしてそんなメレンゲを作れたならば、
焼く前に竹串を生地の中に入れて混ぜる必要もありませんし、
高いところから落として大きな気泡を消す必要もありません。

きれいに焼けると、生クリームもいらないくらい、
そのままでしっとり口どけの良いシフォンケーキが出来上がりますよ。

お家にある材料ですぐに作れるシフォンケーキ。
名前の通り「シフォン(絹)」のような滑らかな口どけの、
しっとりふわふわシフォンケーキで素敵なTea Timeを。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク