簡単サクサクパイ生地パートブリゼ

サクサクのパイ生地でできたタルト。

カスタードクリームやフルーツ、生クリームと合わせたり、

しっとりなめらかなフィリングを入れて焼き上げたり、

いろんなバリエーションが楽しめます。

中に入るフィリングのなめらかさとタルトの食感、

フレッシュさと香ばしさ、

そんなコントラストも美味しさの秘密ではないでしょうか。

そんなサクサクのパイ生地もお家で簡単に作れるのです。

今回はそんなブリゼ生地のご紹介です。

*****

【Pate brisee】

*材料* 直径18cm約5台分

バター     175g
薄力粉     150g
強力粉     150g
全卵      60g
牛乳       25g
砂糖      20g
塩       5g

*作り方*
1. 薄力粉と強力粉は合わせて冷やしておく。卵と牛乳、甜菜糖、塩はよく混ぜて冷やしておく。
(薄力粉と強力粉はふるわなくてOK。卵はどろっとしたところがなくなるまでしっかりほぐします。ホイッパーを直線で動かすと腰が切れます)

2.1㎝角にカットしたバターと振るった粉をフードプロセッサーに入れ、バターが小さな粒状になるくらいまで攪拌する。
(バターの大きさはできるだけ均一にしてください。機械にかけた時に粒の大きさが揃わなくなってしまします。だいたい米粒くらいの大きさになるまで、ガッガッガッと小刻みにかけていきます。)

3.大き目のボールに移し、卵液を入れて、ゴムべらで切るように混ぜていく。
(卵液は全体に入れていきます。練らないようにゴムベラは寝かせず、酢飯を混ぜるような動かし方で文字どおり切るように混ぜます)

4.ひとまとまりになったらラップに包み冷蔵庫で休ませる(2時間~1晩)。
(多少の粉っぽさは残っていても大丈夫です。とにかく混ぜすぎないよう、ゴロンと大きなひとまとまりになったらもう大丈夫です)

5.③の生地を打ち粉をした台に乗せ、麺棒で伸していく。

6.タルト型よりも4〜5センチ大きくカットして型に入れていく。
(ふんわりと型の上に乗せたら、サイドの生地を内側に倒し、底の角の部分の生地を上からグッと押してしっかりと角を付けていきます。型の縁は、生地が8〜10mmほど上に出るように多めに残してカットします。)

7.重しをして170~180℃で20〜30分空焼きをする。
(大体15〜20分ほどでふちに色がついてきます。そうしたら重しを外し、内側にもしっかりと焼き色がつくまで焼き切ってください。しっかりと焼き色がついたら、内側に溶き卵を塗ってオーブンに入れて、表面が乾いたら完成です。)

8.クーリを作り流し込んで焼き上げたり、そのままフィリングを入れてクリームでデコレーションしたり、お好みに仕上げてくださいね。

*****

生地を伸して抜いた状態で冷凍保存をしておくと、

次に使う時にとっても楽チンですよ。

今回は卵一個でできるように多めの分量ですが、

半分など少量で作っても大丈夫です。

伸すのが慣れていない場合は、少しの量でチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク