美味しいかぼちゃの選び方

夏の終わりから秋にかけて収穫されるかぼちゃ。

お菓子作りでも頻繁に使われる食材ですが、

皆さんはどうやって選んでいますか?

今日は美味しいかぼちゃの選び方、

食べる時期、甘みを引き出す方法をご紹介します。

***

【おいしいかぼちゃの選び方】

お店で購入する際、カットされているとなんとなく想像できても、

丸のままだと熟してるのか若いのかわからないですよね。

そんな時にチェックするのが皮の色です。

images

写真のように青々とした緑色のかぼちゃは完熟前に収穫した証拠。

つやつやできれいな見た目のかぼちゃは味がない可能性が高くなります。

Unknown

同じ緑色でも、くすんだ緑色が完熟のサイン

見た目はよくないですが、畑で十分に熟したかぼちゃの色です。

もう一つのポイントは皮にオレンジ色の「あたり」があるかどうか。

皮の一部分がオレンジ色に変色してるところが「あたり」です。

これは畑で土についていた部分。農家さん直伝の見極め方法です。

***

【食べるタイミングの見極め方】

まずおおまかに、

皮が緑色のかぼちゃ=年内に食べる

皮が白いかぼちゃ=追熟させて年明けに食べる

のがオススメです。

そして両方に共通するのがへたの状態。

ひねてしっかり乾いて石のようになっていたら食べごろです。

もしもへたがみずみずしい場合はもう少し追熟してくださいね。

***

【かぼちゃの甘みを引き出す調理法】

そして最後に、かぼちゃの甘みを最大限引き出す調理法。

これはかぼちゃに限らず、サツマイモやジャガイモなどにも応用できます。

かぼちゃをカットして全体に塩をすりこんでから蒸してみてください

今までのは何だったんだ!と思うくらい甘くて美味しいかぼちゃになりますよ。

お菓子にはもちろん、コロッケやサラダなどのお料理にもオススメです。

子ども達はこれだけでおやつになっちゃうくらいに美味しいです。

*****

しっかり熟した美味しいかぼちゃ。

これでもうお店で迷うことも、お家でがっかりすることもありません。

カットされてラップに包まれているかぼちゃも選び方は同じです。

美味しいかぼちゃの選び方をマスターして、

美味しいケーキへと変身させましょう☆

そんな美味しいかぼちゃを使った、美味しいケーキのレシピはまた次回。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク