お酒に合うヴィーガンレシピ 塩麹クラッカーの作り方

お酒を楽しむ時に気になるのが、おつまみのカロリー。

お酒に合う食べ物って、脂が多かったり高カロリーだったり、

そんなに食べてないのに最近お腹がポッコリ、、、

なんてことよくありますよね。

あっさり目のお料理やベジ料理ではちょっと物足りない。

あまり量はいらないんだけど口元が寂しい。

そんな時に塩麹クラッカーを合わせてみませんか?

玉子もバターも使わない、植物性材料オンリーのヴィーガン仕様。

塩麹の発酵臭が熟成したチーズのような香りで、

ビールはもちろん、日本酒やワインにもピッタリの味わいです。

ほんのり塩味が後引く美味しさで、

病みつきになる人続出の危険なレシピです!

作り方は驚くほど簡単。

食べるとその美味しさにビックリ!

本当に美味しいので是非チャレンジしてくださいね。

一度食べるとやめられない!ヴィーガン塩麹クラッカーのレシピ

【材料】

薄力粉  100g

オイル  25g

シロップ 10g→(手作りシロップの作り方

塩麹   30g

水    10g

【作り方】

1、ボールに薄力粉をふるって入れる。

2、もう一つのボールにオイルとシロップを入れて混ぜる

とろりとするまでよく混ぜます。
オイル選びについてはこちらを参考に→ヴィーガンおやつに最適な油って?
シロップの作り方はこちら→手作りシロップの作り方

3、塩麹と水を入れてよく混ぜる

水分が多いので乳化しづらいですが、よーく混ぜましょう。

4、粉のボールに液体を一気に入れてゴムベラで混ぜる

ゴムベラは酢飯を切るように動かしていきます。決して練らないように気をつけましょう。水分が少ないようならここでお水を足します。

5、台にあけ、畳むようにまとめていく

ボールの中で完全に均一にならなくても大丈夫。台にあけたら上から潰して薄くし、パタンと折りたたんで再び潰していきます。たたんで潰し、たたんで潰しを繰り返して生地が均一になったらOK。

6、打ち粉をしながらのしていく

オーブンシートの上でのす場合にも打ち粉をします。厚さは好みですが1~2mmくらいまでできる限り薄くするのがオススメ。縮みやすいので、ためらわずにぐぐぐっ!とのしましょう。ちょっとづつ伸していてもすぐに縮んで元の大きさに戻ってしまいます。

7、ピケをして好きな大きさにカットする

ピケローラーやフォークなどでピケをします。先にカットしてしまうと切った生地が縮んでしまうことも。オーブンシートの上でカットするのが楽チンですよ。その場合はピザカッターを使うと下のシートが切れません。包丁を使う場合は上からぐっと押さえるように、決してスライドさせて切らないでくださいね!

8、170度のオーブンできつね色になるまで焼く

余熱をしたオーブンで焼いていきます。時間は厚さによって変わってしまうので、様子を見ながら焼いてみてください。小麦粉の白い部分がなくなるまで、生地に厚みが出た場合には割った時の中心部まで色がつくまで焼いていきます。白い部分が残っていると粉っぽさが残って最高に美味しくありません!

9、焼けたクラッカーから網に取っていく

オーブンの中の全てのクラッカーが同じタイミングで焼きあがることはありません。オーブンによって熱が強く当たる場所、火が入りにくい場所があります。天板の向きを変えながら、焼けたものから順番に取り出していってください。

10、冷めたら密閉容器で保存

サクサクの書簡が命!のクラッカー。冷めたら密閉容器に入れて保存しましょう。その時に乾燥剤があれば一緒に入れておくといいですね。まだ温かいうちに容器に入れると汗をかいて湿気ってしまうこともあるので気をつけて。

***

そのまま食べるのはもちろん、

色々なチーズをトッピングしたり、

塩辛やカラスミを合わせたり、

キムチやアヒージョを乗せてみたり、

お酒に合わせてアレンジも無限大です。

塩麹の量を少し減らせば、

子どもの毎日のおやつにもなりますよ。

クリームチーズとベリーを添えて、

簡単にちょっとおしゃれなおやつにも。

大人から子どもまでみんなで美味しく楽しめる塩麹クラッカー。

ヴィーガンレシピなので、

思いたったらあっという間に出来ちゃいますよ。

おやつに、軽食に、お酒のお供にも、

みんなが集まる時にぜひ作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク