【Q&A】完全保存版 ケーキサイズを変更する時の計算方法

お菓子作りについての質問にお答えする【お菓子作りQ&A】です。

今回は、ケーキのサイズを変更する時のレシピの計算方法です。

Q.直径18㎝のサイズのレシピを直径15㎝の型で焼きたい時はどうしたらいいですか?

A.それぞれの面積を出して計算します!

お菓子作りの本やサイトなどで「これ作ろう!」と思っても、

自宅にあるケーキの型の大きさと、レシピの型の大きさが違って、

作るのを断念したことありませんか?

もしくはそのまま作ってうすっぺら~いケーキが焼き上がったり。

実は作りたい大きさの型に合わせて、計算する方法があるのです。

****

ex)直径18㎝→直径15cmに変更する場合

まずはレシピのサイズと、作りたいサイズ、それぞれの面積を出します。

ex)直径18cm・・・9×9×3.14=254.3

直径15cm・・・7.5×7.5×3.14=176.6

作りたい方の面積を元のレシピの面積で割ります。

ex)176.6÷254.3=0.69

レシピの分量に0.69を掛けたものが直径15cmの型の分量になります。

*****

同じようにすれば、丸型からスクエア型への変更も簡単に出来ますよ。

よくある型の面積を下に出しておくので、是非参考にして下さい。

12cm(4号)・・・113.04

15cm(5号)・・・176.6

18cm(6号)・・・254.3

21cm(7号)・・・346.1

15cmスクエア・・・225

18cmスクエア・・・324

こう見るとわかるように、

丸型の場合1つサイズが上がると約1.5倍、

2つサイズが上がると約2倍になります。

そしてスクエアは角がある分容量は大きくなるので、

丸からスクエアにする場合、ワンサイズ大きい分量が目安になります。

他にもパウンドケーキ型に変えることも出来ますし、

ココットなどの小さな型数個に分ける場合も同じく計算すればOKです。

最後にもう一度。

サイズを変更する時は、何はともあれ「半径×半径×3.14」!

以上。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク