ヴィーガンおやつに最適な油って? 【素材の話】

卵やバターや牛乳などの動物性食材を使用せず、

植物性の材料だけで作るヴィーガンスイーツ。

使用する油というとなたね油や太白ごま油、米油などが多いでしょうか。

基本的にクセの無い植物油が良いです。

教室ではオーストラリア産のnon GMO(非遺伝子組み換え)原料を使った、

低温圧搾法のなたね油を使用しています。

なたね油と言っても菜花の香りの濃い高級なたね油は向いていませんし、

同じようにオリーブオイルもあまりお勧めしません。

例外的に「ドライトマトとバジルのスコーン」など、

オリーブオイルと相性の良い素材を使う場合はアリだと思います。

最近ではスーパーでグレープシードオイルも簡単に手に入るようになりました。

クセが無いので和食、洋食問わず使いやすい油です。

ですが精製方法の問題なのか、はたまた原材料の質なのか、

おやつに使うと独特の臭みが前面に出てしまい、イマイチな仕上がりになります。

同じようにスーパーで安売りをしているようなキャノーラ油も、

原材料はなたねなのでなたね油に違いは無いのですが、

薬品を溶かして抽出する製法が主流で、薬品残留が懸念されています。

また遺伝子組み換えの問題もありますね。

そんなわけで、ヴィーガンおやつにおススメの油は、

低温圧搾法のなたね油や太白ごま油、米油です。

どうぞお好みの1本を見つけてみて下さいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク